ムダ毛処理を自宅で行いたい思いとその方法

ムダ毛処理を自宅で行う方法はたくさんありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるため、どんな状況で行うか、また自分の肌に合うかなども考えてやってみましょう。

ムダ毛処理を自宅で行うどの方法も、すべて一時的な効果しかありません。生え戻る時間は処理方法によって変わりますが、何よりも大切なことは肌に負担をかけないように続ける点ですね。

では、どのような方法があるのか、ムダ毛処理を自宅で行う場合の方法について見ていきましょう。

 

剃刀を使う

一番簡単で定番の方法が剃刀を使ってムダ毛を剃る方法です。ヒゲ剃りは毎日行うので男性なら剃刀は手放せないアイテムでしょう。わざわざムダ毛処理用に購入せずに髭剃り用の剃刀を使って簡単にすね毛や腕なども処理ができるので便利。

しかし、剃った後はヒゲと同様にすぐに生えてしまい、剃刀の刃で肌がダメージを受けるため毛穴の目立ちや肌のぼつぼつが悪化するなどトラブルが多いことも理解しておきましょう。

 

シェーバーを使う

電気シェーバーは剃刀よりも安全に使える点がメリット。バリカンを使えばアタッチメントで長さが調整できるので、長いすね毛や胸毛、Vラインなども簡単にできますよね。

シェーバーはムダ毛の根元からしっかり処理できないデメリットがあるので、毛が太い人、量が多い人、毛深い人にはあまり向いていません。

外出先でちょっと手入れをするときには便利なので、ヒゲが夕方になると伸びてしまう人はいつも携帯しておくとよいでしょう。

 

毛抜きを使う 

毛抜きはお金がかからずに、小さい部位のムダ毛処理にはとても簡単に使えるツール。ヒゲや指の毛など数本を抜く程度なら手っ取り早いムダ毛を自宅で処理する手段といえるでしょう。

しかし、毛抜きは毛根を刺激してさらに毛が太くなる可能性があり、さらに毛根から毛が抜けるため、生えてくるときに表面にでてこない埋没毛になるリスクが高くなります。

埋没毛になるとせっかく抜いた後も肌の表面が黒く点々となるので逆に見た目が悪くなる可能性があります。

 

脱毛テープ 

脱毛テープは粘着力の高いテープを、ムダ毛部位に張り付けて一気にはがす方法。毛を抜く仕組みなのでもちろん痛みが伴い、肌が弱い人はダメージを受けやすいのでご注意ください。

毛抜きでは処理しきれない胸毛やすね毛など広範囲のムダ毛処理を自宅でする時、剃るよりは抜いたほうがいいという人にオススメ。生えてくるまでに時間がかかるので、剃刀のように頻繁にムダ毛処理が必要ない点が魅力ですね。

ブラジリアンワックスも脱毛テープのような要素がありますが、保湿剤なども含まれているので美肌になるメリットがあるといわれています。

 

脱毛ワックス

固形状になったワックスを熱して液体化したものを肌に塗り、乾いたときに一気にはがす方法。

脱毛テープのように痛みがあり、皮膚の表面がはがれてしまうこともあるので使用後は保湿でしっかり肌を保護しないといけません。赤くなったり湿疹が出たりするなど、肌のタイプによっては合わない方法です。

 

除毛クリーム 

脱毛クリームは薬品の働きによりムダ毛を溶かして処理する方法。自宅でできますし剃刀よりも綺麗な仕上がりがあるのでとても人気がある方法です。ヒゲ用、アンダーヘア用など部位によって使える脱毛クリームもあります。

ただし脱毛クリームは敏感肌には使えないこともあり、使用後は肌が赤くなったり乾燥したりすることもあるため、不安な場合は使用前に必ずパッチテストを行いましょう。

 

家庭用脱毛器を使う

ムダ毛処理を自宅で行う場合、コストがかかりますが脱毛サロンに一番近い効果が得られる家庭用脱毛器を使う方法があります。家庭用脱毛器にも色々なタイプがありますが、レーザーを照射して毛乳頭の働きを弱くするタイプは使うほど効果が出るので、ヒゲなどの太い毛の処理にも適しています。

家庭用脱毛器はレーザー以外にも光照射タイプや熱でムダ毛を焼き切るタイプ、絡み付けて引っ張りぬくタイプなど様々。自宅でできる方法ではありますが、脱毛器自体の価格も高く10万円近いものなども存在します。

さらに専用のジェルの購入、カートリッジの購入、脱毛器のメンテなどを行うと購入以降にも費用がかかるデメリットがある点も覚えておかないといけませんね。

効果はムダ毛処理を自宅で行う手段の中では一番良いかもしれませんが、経済的でない、またサロンのような効果があっても決してサロンと同じ効果は期待できない点も注意しないといけません。

 

まとめ

ムダ毛処理を自宅でやってみようと思ったら、様々な方法のなかでどれが一番自分に合っているか比較することが大切です。しかし、どの方法であっても失敗するリスクがありますので、綺麗な仕上がりと永続的なセルフ処理の手間を省くならメンズ脱毛サロンに行く方法が一番オススメです。

自宅で行うムダ毛処理方法にはお金がかかるものがありますし、脱毛クリームのような安価なものでも一生涯買い続けるとなるとかなりの出費。また肌の負担を考えても早くプロに処理をしてもらったほうが、セルフの処理で肌の状態を悪化させずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です