ムダ毛の自己処理におけるトラブルとリスクとは

ムダ毛を自己処理するのは、手間がかからずいつでもできるメリットがありますが、失敗すると肌のトラブルになり後で後悔することになりかねません。

毛深い男性は少しでも魅力をアップするために、あらゆる方法でムダ毛処理をしていると思いますが、自分では上出来だと思っても、周囲からみるととても不自然に処理していることもあるのです。

一番安全で確実に綺麗にするには、脱毛サロンに行くのが一番ですが、ムダ毛の自己処理をするとどんなリスクがあるのか、考えられるトラブルについて理解しておきましょう。

 

埋没毛になる 

脱毛サロンに行く時間やお金がない。そんな男性達は自己処理でなんとかその場をしのいでいますが、実は大変なリスクが隠されていることをご存知でしょうか。

まずムダ毛の自己処理で考えらえるリスクの一つが「埋没毛」。埋没毛は除毛や脱毛をした後に、皮膚内で毛が発毛してしまい外に出ずに埋もれてしまうことです。

埋没毛はムダ毛の自己処理の際に起きやすい症状で、処理をする時に皮膚が傷つくとかさぶたが出来て毛穴が塞がれてしまいます。

そのため新しく生える毛が外に出てこらずに皮膚内で発育してしまう場合も。埋没毛になると皮膚がボツボツになり、ある程度まで伸びると自然に分解されて排泄されてしまいますが、炎症を起こして毛嚢炎を引き起こす可能性もあるでしょう。

 

カミソリ負けする

ムダ毛の自己処理で多いのが、カミソリを使う方法。手軽でお風呂に入った時にサッと済ませるので、きっと誰でも経験があるでしょう。

でも男性のムダ毛は1本ごとがとても太いため、カミソリで剃ると毛穴がとても目立ちますよね。そしてすぐに生えてくるため、たびたびカミソリの処理を繰り返すと、肌に傷が残りカミソリ負けしてしまいます。

自然と皮膚が回復すればいいのですが、乾燥しやすい時期や肌の免疫力が低下していると赤みやかゆみ、湿疹などができやすく肌トラブルになってしまう恐れもあるでしょう。

カミソリ負けになるとムダ毛の処理もできなくなるため、逆に見た目も悪くなります。カミソリの刃の切れ味が悪くなってくると、カミソリ負けしやすいのでメンテを忘れずに行いましょう。

 

乾燥肌になる

ムダ毛の自己処理をずっと続けていると、肌のバリア機能が低下して皮膚の水分が逃げやすくなってしまいます。すると肌が乾燥しやすく皮膚が粉を拭いたように白くなることもありますよね。

カミソリやシェーバー、脱毛クリームなど色々な手段がありますが、必ず最後は保湿をしないと肌が乾燥する原因に。

またカミソリによる刺激はメラニン色素を活発にするため、毛穴の黒ずみが激しくなり色素沈着してしまうこともあります。肌が弱い部分は、できるだけ自己処理する回数を減らして負担を減らすことが大切。

剛毛の人は切れ味のよいカミソリを使うため、さらに肌に負担がかかる原因になります。いつまでも繰り返していると、健康肌も乾燥肌へと肌質が変わってしまうかもしれません。

 

薬剤による肌の負担

脱毛クリームや脱色剤などの薬剤は、ドラッグストアで簡単に手に入り、カミソリで処理するよりも自然な仕上がりになるので人気があります。

しかしこれらの薬剤には肌に刺激となる成分が多く含まれていますので、肌がヒリヒリして赤くなったり、腫れてしまったりすることも。

必ず使う前はパッチテストで、肌に合うかどうかをチェックしてくださいね。除毛クリームは、毛を溶かすためにアルカリ性の薬品が使用されています。

カミソリで剃るよりも綺麗に出来るので、たびたび使う人もいるかもしれませんが、負担はとても大きく肌荒れを予防することは難しいのです。使用した場合は必ず保湿をしてケアをしてくださいね。

 

家庭用脱毛器のリスク

家庭用の脱毛器があればサロン並みの仕上がりになると、喜んで購入する人もいるでしょう。家庭用脱毛器は色々なタイプがありますが、最近人気があるレーザータイプの機種は正しく使用しないと火傷をする原因にもなるのです。

市販の家庭用脱毛器はとても魅力的で、近年機能もアップしていますので、エステに通うことを考えるととても便利ですよね。

しかし効果はエステと比較するとやはり差がありますし、カートリッジや専用ジェルの購入、またメンテが必要であるなど維持費がかかる点がデメリット。

また背中など自分では届かない部分だと使いづらい点もあり、結局高いお金を払ったけれど使わないで放置している…という人もいるようですね。

家庭用脱毛器は、機種によって使い方が複雑なので正しく使用するためには、慎重に説明書を読まないといけません。

 

まとめ

ムダ毛の自己処理は、手軽な反面リスクや肌トラブルが起こりやすくなります。男性のムダ毛は太くて硬いので、自分で綺麗に除毛するのは大変ですよね。肌トラブルになると治るまで放置しないといけない為、その間ムダ毛がさらに生えて逆効果に。

自己処理をする際は必ずリスクを理解して、不安な場合は脱毛サロンで処理することもひとつの方法です。

自己処理で使う脱毛クリームや家庭用脱毛器など、長い目で見ると脱毛サロンに通った方がお得になる場合もあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です