肩の毛が濃くなるのはなぜ?原因と処理方法について

肩の毛が濃くなると、タンクトップシャツやノースリーブシャツを着るのが恥ずかしいですよね。なんでこんなところの毛が濃くなるの?と疑問に感じる人も多いでしょう。

男性のムダ毛はおしゃれに影響を与えるので、最近は自分で脱毛を試みる人も増えています。腕や足ならまだしも、肩の毛を処理するのはちょっと大変。剃刀で剃りケガをするのは避けたいですよね。

そこで今回は、肩の毛が濃くなる原因と正しい処理方法の種類についてご紹介していきます。

洋服を着れば隠せる部分ですが、肌を見せる季節になって慌てないように早めに対処しておきましょう。

 

肩の毛が濃くなる原因について 

肩の毛が濃い人はなんとなく清潔感が足りないイメージがありますよね。女性は男性のムダ毛に関して色々な意見をもっていますが、意外な部分に生える濃いムダ毛こそ嫌われてしまう原因です。では肩の毛がなぜ濃くなるのか主な理由を見ていきましょう。

 

肉食が多い 

食生活と肩の毛にどんな関係があるのか、ピンとこない場合も。肩周辺はホルモンの影響を受けやすいため、男性ホルモンが多く分泌される人は肩の毛が濃くなる傾向があるのです。

男性ホルモンは肉類などの動物性タンパク質を多く摂取すると働きが活発になり、体毛全体が濃くなる可能性もあるでしょう。

男性ホルモンを増やすのは、肉類以外にも揚げ物や油を多く使う料理もリスクがあります。またご飯などの炭水化物も脂質へ変わるため、男性ホルモンが急激に増加する要因になるかもしれません。

 

ストレスが溜まっている

知らない間に蓄積されてしまうストレスは、精神面だけではなく肉体的にもダメージになります。ストレスが増えると自律神経の働きが不安定になり、ホルモン分泌の量が急に増えてしまう場合も。

とくにストレスは男性ホルモンを活発にするため、胸毛や肩の毛が濃くなる要因になるでしょう。男性ホルモンのテストステロンは酵素の働きにより、悪玉ホルモンのジヒロテストステロンに変換される場合があります。

ジヒロテストステロンの濃度が高くなると、頭皮の毛嚢(もうのう)が衰えるため、髪が抜けたり薄毛になったりするリスクも高くなってしまいます。

 

遺伝 

男性ホルモンは生活習慣によって分泌量が変化しますが、生まれつき遺伝により男性ホルモンの分泌が活発な人もいますよね。

男性でもすべすべ肌や濃い毛の人など様々です。これは自分ではどうにもできない遺伝により、ムダ毛の量や濃さが決まってしまうもの。

このような遺伝が考えられる人は普通の人よりもさらに注意をして、毛深くなる生活習慣を改善する必要があるでしょう。

 

睡眠不足 

仕事の残業続いてストレスで眠れないなど、不眠に関する悩みが近年増加しています。睡眠不足になると自律神経が不安定になり交感神経が優位に。

すると常に緊張した状態が続きますので、男性ホルモンの活発になってしまいます。肩の毛が濃くなるのは表面的な原因でなく、体の内側から引き起こされる要因が色々あるということも覚えておきましょう。

 

肩の毛を薄くする方法について

肩の毛はできればないほうが安心ですよね。でも剃刀を使っても届かない場所があり、関節部分がごつごつしているので剃刀が使いにくいところです。そんな厄介な肩の毛はどうやって処理するとうまくいくのでしょうか。

 

脱毛サロンで処理してもらう

脱毛サロンでは全身脱毛ができますので、肩の濃い毛だけを処理してもらうことも可能です。肩は自分で処理するのは難しいため、ケガをしないようのプロにお任せすると良いでしょう。

光脱毛を行うエステサロンは8回~10回ほど施術をすれば、ほとんど目立たなくなります。でも肩の毛だけがすべすべになっても、腕や背中との境目が不自然になりそうで心配ですよね。

また肩の毛が濃い人はそれ以外の部位も毛深い傾向がありますので、全身脱毛するのも良いでしょう。

サロンによって全身脱毛に含まれる部位は異なりますので、契約する前にサロンのホームページを見て、希望の部位が含まれているか、また肩の毛自体が脱毛できるのかどうかを確認しておきましょう。

肌トラブルになる場合もありますので、まずはカウンセリングで相談すると安心ですね。

 

脱毛クリームを使う

肩の毛が生えているとおかしいのか、それともそのまま放置していいものか。人によって意見は異なりますが、本来は肩まで毛が濃くなるのはちょっと気になる悩みですよね。

長袖やTシャツを着ている間は、人にバレることはありませんが、水着やジムに通う時など肌を見せないようにするのは、とてもストレスになるでしょう。

脱毛サロンに行く手間や費用を考えると、自分でできる方法にトライしたほうが便利。そう思う人にオススメしたいのが脱毛クリームです。

クリームは直接部位に塗って、数分間放置してふき取るだけ。剃刀のようにカットした毛の断面がとがることはありませんので、チクチク感もなく安心です。

ただし肌が敏感な人には刺激が強い場合もありますので、あらかじめパッチテストでチェックしておきましょう。

 

ホルモンバランスを整える

男性ホルモンの影響を受けやすい肩の毛は、セルフ処理だといつまでも続ける必要があります。根本的な原因から対処する場合には、男性ホルモンの分泌を抑制する点を意識して生活してみましょう。

まず食生活ですが大豆製品を積極的にプラスすると、ムダ毛を薄くできる可能性があります。大豆にはイソフラボンという成分が含まれ、この働きは女性ホルモンと似ていることが特徴に。

女性ホルモンを活発にすると、男性ホルモンのバランスも調整しやすくなるのです。そして肉類をなるべく減らして野菜中心食にする、スナック菓子、飲酒、喫煙などもホルモンを不安定にする原因なので控えることが重要です。

さらに睡眠不足を改善し規則正しい生活を送ることも、毛深い体質改善にメリットになりますので、遺伝で毛が濃い人にも良いでしょう。

 

まとめ

肩の毛だけでも深刻なコンプレックスになる人がいますよね。スポーツ選手やモデルのようにツルツルの肩を目指すなら、脱毛サロンやレーザー脱毛が良いでしょう。

もしくは脱毛クリーム、家庭用脱毛器なども参考にしてやりやすい方法で処理してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です