毛抜き処理がもたらす危険なリスクについて

毛抜きが手元にあれば、気になるヒゲの1本、2本なら簡単に処理できます。痛みさえ我慢すれば、毛根からすっきり抜けるので剃刀で剃るよりもいいですよね。

毛抜きはコストがかからずとても簡単。しかしそんなメリットだけではなく、毛抜きを使う処理方法には、隠れたリスクがたくさんあるのです。

毛深い男性はすべすべ肌に憧れて、色々な脱毛方法に興味があるでしょう。でも人には恥ずかしくて相談できない悩みだと思う人は多いです。

そんな時に毛抜きがあれば、時間をかけずにこっそりセルフで処理ができます。でもせっかく脱毛をするなら、肌に安全で綺麗に仕上がる方法がいいですよね。

そこで多くの人が間違ってしまう、毛抜き脱毛のリスクについてご説明していきましょう。

 

毛抜き脱毛のリスクについて

毛抜きを使うと毛根から綺麗に毛が抜けますので、新しく毛が生えた時のチクチク感がありません。

また生えてくるまでに時間がかかるため、剃刀やシェーバーよりも効果が持続する点が魅力です。

しかしそれ以上に毛抜きには危険が潜んでいますので、気軽に抜いてしまう前にどのようなリスクがあるのかを覚えておきましょう。

 

埋没毛になる

毛抜きを使って毛を無理やり抜いた時に、はっきりと肉眼で確認できなくても皮膚や毛穴は傷ついています。

普通は皮膚を切った場合は出血して、かさぶたができますよね。このようにダメージを受けた部分は、新たしい皮膚が再生して薄い膜が作られます。

出血するようなケガではなくても、毛抜きを使ったダメージでも同様でしょう。薄い膜が出来上がる表皮部分が塞がってしまうので、新しい毛が生えてきた時に皮膚の表面に出てこられずに、皮膚の下で生えてしまうのです。

皮膚の外側には毛穴が黒くなったようなぶつぶつができ、次第に皮膚が隆起して炎症を起こす場合も。埋没毛があると、剃刀で剃ると皮膚を傷つけるためケアが大変になってしますのです。

 

毛嚢炎になる

毛嚢炎は様々な症状があり、毛抜きで抜いた時に菌が侵入しかゆみや痛みなどの不快な症状を伴います。

無理やり触ってしまうと、逆に症状が悪化して広範囲に赤みが広がる可能性もあるでしょう。市販の抗菌剤などの塗布薬で治る場合がほとんどですが、悪化した場合は抗菌薬やステロイドなどの処方薬が必要になりますので、すぐに皮膚科を受診して相談してください。

 

毛抜きでトラブルになった時の対処

毛抜きを使って埋没毛や肌トラブルになった場合の対処方法をご紹介しましょう。

 

肌を清潔に保つ 

埋没網ができた時は無理やりつぶしたり、毛をなかから引っ張り出したりすることは避けてください。

また皮膚をごしごしこすると傷ができて化膿する恐れがありますので、埋没毛がある部分はなるべく手洗いで対処してくださいね。

すね毛、アンダーヘア、ヒゲなどの埋没毛は肌を清潔にした後に、かならず保湿ケアで肌を整えておきましょう。

 

免疫力を保つ 

体の免疫力が低下すると菌に抵抗できないため、すぐに毛嚢炎になりやすくなります。肌トラブルを予防するためには、生活習慣を整えて肌に良いビタミンやミネラルなどの栄養補給をしましょう。

さらに質の高い睡眠、定期的な運動習慣も肌細胞を活発にする働きがありますので、普段から肌を丈夫にする心掛けをもってくださいね。

 

毛抜きを使う場合のポイント

眉毛から1本だけ飛び出した毛、ヒゲの白髪など毛抜きを使いたい場面は必ずと言ってよいほどありますよね。この場合はできるだけ肌に負担をかけないように、次のポイントを注意して使用してください。

 

肌を柔軟にしておく 

肌が乾燥している場合、寒い時期などは皮膚が硬直していますので、毛穴が閉じて毛が抜けにくい状態です。

毛抜きを使う場合は、入浴後など肌が温まった時を狙うとよいでしょう。もしくは毛抜きで処理する部分を蒸しタオルで温めるなど、肌を柔軟にして毛穴を開かせることが大切に。

また使う毛抜きをあらかじめアルコール消毒して、できるだけ雑菌が入らないように注意しましょう。毛抜きは携帯ができるので、いつでもどこでも使える点がメリット。しかし外出先や屋外に出た後では肌に汚れや菌が付着している可能性がありますので、なるべく家で毛抜きを使ったほうが安全でしょう。

 

毛の生える方向に抜く 

毛抜きで抜く場合はむやみに抜かずに、必ず毛の生えている方向に合わせて引っ張りましょう。逆方向に抜くと、毛穴や皮膚を傷つける可能性があります。

もし毛穴に無理な力を加えてしまうと、変形して埋没毛ができやすい状態になってしまうことも。

すね毛やヒゲなど、太い毛を処理する場合は必ず毛の流れを確認してから行ってください。

 

埋没毛は無理に抜かない 

埋没網については、無理やり抜くのは危険です。皮膚を引っ張って抜いたり毛抜きを皮膚に押し付けて毛を浮かせたりするようにして抜くと、皮膚に傷が残るリスクが高くなる場合も。

毛抜きで失敗すると、皮膚のメラニン色素が活発になり色素沈着する原因になりかねません。毛穴の黒ずみが気になるところは、とくに注意して毛抜き以外の手段で処理しましょう。

 

毛抜きを使った後は保湿する

毛抜きを使って処理した後は、必ず肌の保湿をしてください。肌が乾燥していると傷の治りが遅くなりかさぶたができやすくなってしまいます。

肌が乾燥している人は、ピーリングで古い角質を取り除いてから毛抜きを使うと自己処理がしやすくなるでしょう。

普段からスキンケアを心がけて、毛抜きを頻繁に使う部位はローションや化粧水、クリームなどで肌を強化しておく必要があるのです。

 

毛抜きはできるだけ使わないこと 

毛抜きは簡単ですが、自己処理方法では一番危険ともいわれています。剃刀やシェーバーなども肌を傷つける可能性はありますが、毛抜きのようにピンポイントでダメージが加わるものではありません。

毛根からすっきり処理したい場合は、レーザー脱毛や光脱毛という手段もありますので検討してみてくださいね。

 

まとめ

毛抜きは、きっと皆さん一度は使ったことがある道具でしょう。綺麗に毛が抜けるのでひたすら毛抜きを使って頑張る人もいますが、長い目で考えると肌にはとても負担になっています。

肌のコンディションが悪い時や、ニキビがある時などは毛抜きを使用せず肌に負担がかからない方法で処理をしてくださいね。手間をかけたほうが脱毛は綺麗に、そして長持ちさせることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です