男性のムダ毛をどこまで処理するのか?その決め方について

男性のムダ毛はどこまで処理するべきか、とても悩むところ。女性の視線が気になると体中のムダ毛をなくしたほうが無難ではないか…と思いますよね。

男なら少しぐらいの体毛があったほうがカッコいい、ワイルドに見えるという意見はありますが、度が過ぎるとただの毛深い人になってしまいます。

体毛は皮膚を守る為にあるべきもの。しかし男性の美意識が高くなり、ムダ毛をどこまで処理するべきなのか真剣に悩む人もいるでしょう。一か所綺麗になるとほかのところも気になる場合もあります。

では、どうやって処理する範囲を決めるのか、その際のポイントについて見ていきましょう。

 

女性が許せる範囲を参考にする

男性のムダ毛処理をする目的は、女性の視線を意識することがとても大きなきっかけになりますよね。脱毛を考えた時、いったい男性はどこまで処理するべきなのか悩んでしまうことでしょう。

そんなときに参考にしたいのが、やはり女性の率直な意見です。女性が一番許せないのは鼻毛や耳毛。さらに青髭やシャツからはみ出るような胸毛、乳輪の毛、へそ下の毛などは処理してほしいと思う部位に入っています。

女性目線で考えても、男性から見てもこれらの部位はちょっと恥ずかしいところですよね。同じ男性として見た時に毛深く見える部位に関しては、できるだけムダ毛処理をするべきなのでしょう。

また、脇毛も意外と女性からは不人気で、腕を上げた時に毛が半そでシャツからでない程度。そんな絶妙な基準があり、本来は隠れているはずの部分の毛がはみ出てしまうところは女性ウケが悪いのです。

 

ライフスタイルに合わせて決断する 

男性のムダ毛処理は自分だけのためなら全く無視しても生活ができますが、仕事や生活習慣などライフスタイルによっても処理範囲は異なるもの。

例えばスポーツジムで働く人は、年間通して短パンとTシャツで肌を出す機会が多くなります。逆にサラリーマンだとスーツで隠れる部位も多い為、それほど気にせず過ごせる人もいるでしょう。

男性のムダ毛をどこまで処理するか判断できない場合は、見られる機会がどれぐらいあるかを考えてみましょう。また毛深い人は不潔感があるように見える為、衛生的に綺麗にすべき場合もムダ毛処理はできる範囲で行っておいた方が賢明です。

たとえば医療関係、ファッション関係など周囲の判断も意識するといいかもしれませんね。

 

濃い部分だけを処理する

毛深い男性はどこかひとつだけ部位を決めるのは難しい事ですが、誰でもかならず一か所は気になるムダ毛部位ってありますよね。男性がムダ毛をどこまで処理するべきか迷った時は、まず気になる部分から最初に処理しましょう。

胸毛やすね毛、腕など目立つ部分を綺麗にすると、その勢いで次に処理したくなる部分が必ず出てきます。体型とのバランスや肌の色なども考慮して目立たなくするように意識すると判断しやすくなるもの。

男性の場合、季節を問わず目立つのが髭。メンズ脱毛サロンでも一番人気の脱毛部位ですが、小さな部位でもあまりにも濃いと全体的な印象が悪くなってしまいます。まずは自分で不満に思う部分をいくつか選択してみましょう。

 

やりすぎと思われる部位

面倒なので全身つるつるにしよう、なんて思ったら失敗のもと。女性は男性にやってほしい脱毛部位があるように、やりすぎと思う部位も存在しています。

例えばアンダーヘア。下着からはみ出るような毛の量だと処理はどうしても必要ですが、つるつるに処理されていると、逆に気持ち悪いと感じる部位でもあるでしょう。

また、すね毛も同様に目立たない程度なら許せるという意見が多く、女性の足みたいにすべすべになっていると嫌という人がかなりいるようです。

ほかにも腋毛、腕毛、うなじなど特定の部位はつるつるでは逆効果になりますので、どこまで処理するべきか悩む時はやらないほうがよい部位を避けると良いでしょう。

 

脱毛サロンで予算に合わせて決める

男性のムダ毛は量を調整して、自然な体毛にしたいという人も少なくありません。脱毛サロンは1回ですべすべにはなりませんので、満足できる段階で終了することも可能です。

つるつるにはしたくないけど、今よりも薄くしたいという難しい状態も脱毛サロンならできること。

また、予算に合わせて、どこまでできるか無料カウンセリングで相談するのも良いでしょう。脱毛サロンで一番コスパが良いのは全身脱毛。金額が高くなりますが一度に全身対応できるため、部位ごと、回数ごとで計算すると割安になりますので、予算でどこまでできるかキャンペーンなども活用してみましょう。

 

まとめ

男性のムダ毛はどこまで処理するべきか、判断基準は色々あります。一番大切なのは自分の体に自信を持てるようにすること。女性の意見なども参考にしてムダ毛のコンプレックスを解消しましょう。

専門家のアドバイスが必要な時は脱毛サロンの無料カウンセリングにいくのも方法のひとつ。どこまで処理するべきか、あらゆる角度から考えてみましょう。

ムダ毛はあって悪いものではありませんが、処理したほうがメリットになる点は色々あることに気が付くはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です