知らないと損!男性の腋毛処理は必要?ワキガ予防になる理由とは

男性の腋毛処理なんてしなくてもいいのでは?考える人も多いですが、腋毛処理は見た目だけの問題でないことをご存知でしたか?

半袖シャツや水着になった時に肌を出すと、男性の腋毛がふさふさと見えてしまいます。あまりにも量が多いと、脱毛を考える人もいるでしょう

人気が集まる脱毛サロンではとても格安な腋毛脱毛コースがありますので、試しにやってみたいという人も。男性の腋毛処理には、見た目を改善する以外に知っておくべきメリットがあるのです。そこで、腋毛処理とワキガの関係についてみていきましょう。

 

ワキガと汗の臭いは違う!

ワキガ臭はとても不快なものなのに、なぜか自分ではわからないということがよくありますよね。自分の体臭は鼻が慣れてしまっているので、気が付きにくいものです。

ワキガになる原因は色々ありますが、まず理解しておきたいのがワキガはただの汗のニオイではないということ。

人間の体には、アポクリン腺とエクリン腺という汗腺があります。体温を調整するための水分として体内から放出されるのがエクリン線。アポクリン腺は体内の老廃物を汗として出しているため、この二つは汗の質が違うのです。

運動をした時はエクリン線からでる汗がメインになりますが、緊張したときの汗などはアポクリン腺が活発に。この汗はタンパク質やアンモニアが含まれて、体外に出された時に皮膚の常在菌が分解して、ワキガ臭が発生する仕組みになっています。

アポクリン腺はワキに多く集まるため、あのツーンとした嫌なニオイを発生しやすくなることに。

 

腋毛があるとワキガ臭が強くなる?

男性の腋毛処理が必要なのは、ワキガ臭との関係があります。アポクリン腺から出た汗はエクリン線の汗と違い、粘り気がありなかなか蒸発しません。

腋毛があると毛のなかに汗がこもり、じめじめした環境になります。皮膚の常在菌は高温多湿を好むため、腋毛があるほうが菌の活動にとっては好都合に。ワキガはすべての人がなるものではなくて、アポクリン腺の数が多い人、遺伝、生活習慣などが関係しています。

もし腋毛に白い粉が付着する時は、ワキガの可能性があります。アポクリン腺の分泌物の残りが白い結晶となり腋毛に残る場合がありますので、もしかしたらと不安な時は腋毛をチェックして判断してもよいでしょう。

 

デオドラント剤の効果が弱くなる

男性のワキガ対策には、デオドラント剤が最も一般的な方法ですよね。でも日本人は欧米人と比べると体臭もそれほど強くないので、ワキガでも気にしない人もいるかもしれません。

最近は男性用のデオドラント剤が増えていますので、ワキガの人には大変便利なアイテム。でも腋毛があるとデオドラントをつけても、毛が邪魔で皮膚まで成分が浸透しない場合があります。

ワキガ専用のクリームタイプなどは、しっかり皮膚に浸透しやすいので、殺菌や抑汗効果が発揮しやすいと言われています。

でも腋毛のせいで、せっかく効き目のあるデオドラントも効果が発揮できないのでは、使う意味がなくなってしまいますよね。

スプレータイプやシートタイプなど色々な商品がありますが、効率的にニオイ対策するなら、男性は腋毛処理を考えたほうがメリットになります。

 

男性の腋毛処理の注意

セルフでやるとしたら、まずカミソリを思いつくでしょう。簡単でしかもお金もかからない方法ですが、注意しないと肌を傷つけたりケガをしたりする可能性があります。

またカミソリで処理をすると、肌のバリア機能が低下し乾燥するため、皮脂腺が過敏に働いてしまうでしょう。

皮脂は菌が好むエサなので、さらにワキガ臭が悪化する原因に。また小さな傷から菌が繁殖することもありますので、男性が腋毛処理する際はできるだけ肌の負担を考え、処理が終わったら必ずローションで肌を整えておきましょう。

 

脱毛サロンで処理するとワキガが軽減する

男性の腋毛処理、ワキガも一緒に改善したい時は脱毛サロンで処理するのが一番効果的です。

とくにレーザー脱毛は毛根を破壊する際にアポクリン腺の働きも弱くしてくれるため、汗の量を減らすことが可能に。

何よりも腋毛がなくなることでデオドラント剤が使いやすく、汗をかいた時にも通気性がアップするためニオイ対策にも良いでしょう。

 

まとめ

男性の腋毛はツルツルにしなくても、脱毛サロンなら残す量を調整して自然な仕上がりも可能です。

ワキガ対策は肌の表面からケアすることや、食生活、生活習慣も意識してみましょう。男性の脱毛は見た目を意識して始める人が多いのですが、VIOやワキなどはニオイとも関連性がありますので衛生的な意味でも脱毛をしておくと安心ですね。

特に、腋毛は汗対策の一部としてもお手入れしたほうが良いでしょう。カミソリ、家庭用脱毛器、シェーバーなど色々なアイテムがありますので、ワキガの人は一番やりやすい方法で対策を始めるようにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です