脱毛機器の効果は値段の割に少ない?失敗する人の共通点

脱毛機器の効果が気になり、勇気をだして購入したけれど思ったほど効果がなかったという経験てありますよね。

本当なら脱毛サロンに通いたいところだけれど、恥ずかしいしお金もかかる…何よりも通う手間が面倒と思う人も。そんな男性たちの憧れなのが、家庭用脱毛機器の存在のはずです。

サロン並みの効果がある、簡単に使えるなど宣伝だけを見ると思わず飛びつきたくなりますよね。

毛深い男性諸君にとって家庭用脱毛機器の効果は果たして満足できるものなのか、それともお金も無駄で終わってしまうのか。その大きな違いとなる失敗する人の共通点について見ていきましょう。

 

面倒で使わなくなる 

脱毛機器の効果は脱毛サロンと同様に、一度使ってすべすべになるわけではありません。脱毛機器には色々な種類がありますので、脱毛の仕組みはそれぞれ異なります。

主流のタイプは黒い色に反応する光を照射するタイプで、カートリッジを付け替えると男性用のヒゲ脱毛もできるタイプがあります。

家庭用脱毛機器は脱毛サロンやクリニックに行くのが手間な人、忙しくて通う時間がない人にとってはとても便利なアイテムですよね。

いつでも手が空いた時に家庭でムダ毛処理ができるので、購入した時はかなり真剣に処理を続ける人がほとんどでしょう。

しかし脱毛機器の照射面積はサロンのマシーンとは異なり、広い範囲を処理するには時間がかかります。すね毛だけでも1時間以上かかるタイプもありますので、つい面倒になって使わなくなってしまう人もいるのです。

 

脱毛サロンのような効果は期待できない

家庭用脱毛機器の効果は、たとえサロンのようなすべすべ肌になる、と宣伝されていても実際はそこまでの効果は期待できません。その理由は照射する光の強さが違うため、一度の処理力が少ない点があります。

もちろん光を照射すると、サロンと同様に肌に痛みを感じるのは同じ。家庭用脱毛器には照射レベルを調整できるタイプもありますので、痛みが不安な人でも安心なメリットはありますね。

せっかく買った脱毛機器、ツルツル肌をイメージして使い始めても新しい毛がどんどん生えてくると、脱毛に対するモチベーションが減ってしまうでしょう。そんな人のなかには、結局脱毛サロンに通い始める人も少なくありません。

 

正しく使用していない

家庭用脱毛機器の効果は、それぞれの機種に合わせて使用方法を守りはじめて効果が実感できるものです。

家電の扱いに慣れているからといって、適当にボタンを押して処理をしてしまうと火傷やケガの原因に。また毛嚢炎などのトラブルになっても素人にはどんなものか判断できず、さらに症状を悪化させる場合もあります。

家庭用脱毛機器は、腕やすね、ワキなど全身どこでも使用ができるタイプがほとんどです。しかしメーカーによってはデリケートゾーンや顔など、肌が敏感なエリアは使い方に注意が必要になってくる場合もあるでしょう。

このような注意書きをしっかり読んでおかないと、脱毛効果以前に肌トラブルになるリスクが高くなりますので、気になる点はメーカーのカスタマーセンターに問い合わせるなど、使用前の準備をしっかりしておくといいですね。

 

毛周期に合わせて処理をしていない

家庭用脱毛機器で真面目に処理を続けているけれど、なかなかムダ毛がなくならいということがあります。そもそも人間の体に生えている毛は、目で見えるものは全体の3割程度。

それ以外は毛周期の休止期などに入っている場合が考えられますので、全体のムダ毛を処理するためには、毛が生えるサイクルに合わせて処理を続けないといけません。

通常脱毛サロンに通う時は施術をするのは2~3か月に一度。毎日できないのは肌の負担を回避するだけでなく、毛周期の流れに合わせて全体のバランスよくするように処理する目的もあります。

家庭用脱毛器で必死に繰り返し処理をしても、時期が来ないと生えてこない新しい毛がたくさんありますので、このタイミングを知らないとせっかくの脱毛機器も役目が果たせません。

 

脱毛機器のメンテ代が意外と高い

家庭用脱毛機器の効果だけではなく、失敗する人の共通点は意外なコストの高さが落とし穴になっています。人気があるタイプは本体だけで6~9万円前後が多く、一度購入すればずっと永久に使い続けられると思いますよね。

しかし光照射タイプの場合、カートリッジごとに照射できる回数が決まっているので、上限に達したときは新しくカートリッジの購入が必要になります。

値段は色々ですが平均すると1万円前後。1回照射にかかるコストは0.05円~0.10円と機種によって異なる場合も。

例えばワキ脱毛だけという場合はキャンペーン価格を利用すれば脱毛サロンのほうが安くできる可能性があります。

部位が増えるほど家庭用脱毛機器のほうがコスパはよくなりますが、あくまでも脱毛効果は永久ではないことを覚えておきましょう。

 

まとめ

家庭用脱毛機器の効果や使い方や特徴を理解して、自分の目的に合うかどうか判断のうえで購入することが大切です。

コスト面、使いやすさなど脱毛機器ならではの魅力を生かしてうまく使いこなしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です