自宅脱毛でお金がかからず綺麗にできる方法はどれ?

自宅脱毛は好きな時にいつでもできるのとても便利で、しかも毛深い悩みを人に知られず処理できるので安心です。

なによりも自宅脱毛はコストがかからない点が一番の魅力。昔のように男だから毛深いのは仕方がないという時代ではなくなった今、多少のお手入れは必要になってきましたよね。

ムダ毛処理は男性が自分の体に自信を持つためにも大切で、ルックスをよくしたいだけでなく精神的にも与えるメリットがあります。

そんな脱毛ですが、自宅脱毛をする場合にお金をかけずにきれいにするには、どの方法が一番良いのか、いくつかの種類をご紹介していきましょう。

 

自宅脱毛の種類について

自宅脱毛の方法は実に様々ありますが、それぞれのメリットやデメリットを理解して行わないといけません。自己処理は場合によって肌に負担を与えることもあるため、必ず正しい道具と方法を選んでくださいね。

 

毛抜き 

毛抜きは広範囲の脱毛には適しませんが、小さなエリアや数本抜くだけならとても手軽でお金がかからない方法です。

毛根から綺麗に抜けるため、効果が持続する点がメリット。しかし注意しないと毛穴や肌が傷つき埋没毛になる可能性が高くなります。さらに毛抜きは痛みがあるので場所によってはかなり難しいところもあるでしょう。

 

ハサミ

ハサミはムダ毛の量が多いところをさっとカットでき、コストもかからずお得で便利な方法です。しかしハサミを使って処理をすると毛の長さが均等になりとても不自然な仕上がりになってしまいます。

胸毛など広範囲をカットする場合は、普通のハサミでなくスキバサミを使うと長さがバラバラになるので自然に見えるでしょう。

またハサミは毛根から処理できる自宅脱毛ではありませんので、剃刀で剃る前の下準備などとして使うと便利です。

 

剃刀

お金がかからない自宅脱毛方法の定番が剃刀。お風呂に入った時、出かける前など手早くしかも綺麗にムダ毛処理ができます。

ヒゲはもちろん、すね毛、胸毛、アンダーヘアなど広範囲にも適した方法ですが、剃刀はケガをする可能性があるため、やりにくい背中やアンダーヘアなどは十分に注意が必要です。

また効果が持続しないため繰り返し剃刀を使って処理が必要になります。剃刀を使う方法ですが、毛の断面がとがってしまうので、伸びた時にチクチク感が出てしまうことが難点。肌の乾燥にも注意してアフターケアをしっかり行う必要があります。

 

シェーバー

電気シェーバーは、剃刀と比較すると安全に使える点がメリット。最近は機能性が高い機種も増えていますので、毛根にさらに近づけてムダ毛処理をすることができます。

電気シェーバーは本体価格が高くなりメンテも必要になりますので、自宅脱毛の方法としてはそれほど安くはありませんが男性なら1台は必ず持っていたいツールですよね。

また毛が長すぎる部位は使いにくい面もありますので、あらかじめハサミでカットしておくなど下準備が必要になります。

 

除毛クリーム

ドラッグストアや通販で手軽に購入できる除毛クリーム。処理したい部分にクリームを塗り、数分放置してふき取って洗い流すだけ。除毛クリームは1本700円~1500円程度で、毎回使うとコストは高くなります。

除毛クリームはアルカリ性の成分が入っていますのでタンパク質の毛を溶かす仕組みになっています。毛の先端は剃刀のようにとがらず、生えはじめは細くチクチク感がそれほどありません。

しかし肌が弱い人や部位によっては使用できない除毛クリームもありますので、とくにアンダーヘアなどはご注意くださいね。

 

脱色剤

脱色剤は脱毛するものでなく毛の色を脱色するもの。薬剤を肌に塗布するとアルカリ成分により毛が膨張してキューティクルが開き、過酸化水素が毛髪の中に浸透します。

過酸化水素によりメラニン色素を分解して毛の色を明るくするもので、染料で染めたり、除毛したりする働きはありません。

コストは除毛クリームと同じぐらいでチクチクして毛が生えてくることがないので安心。でも効果が一生続きませんので、根元から黒い色が目立ち再度脱色処理をしないといけません。

 

脱毛テープ

粘着剤がついたテープを肌に貼って剥がす方法。毛根から抜けるので上手にやればすべすべ肌がゲットできます。しかしテープの質によっては粘着度が弱く毛が途中で切れてしまったり、残ってしまったりする場合もありますので仕上げにばらつきが出やすいといえるでしょう。

痛みが伴う点も注意しないといけません。値段は1000円~1500円程度、広範囲になると一度に何枚も必要になりますので、コストがかかってしまいます。

 

ブラジリアンワックス 

ブラジリアンワックスは溶けたワックスを肌に塗布して、ストリップと呼ばれる専用のシートを張り付けて一気にはがす方法です。

おもにアンダーヘアを中心に行われる脱毛方法で、欧米では大変ポピュラー。自宅脱毛でブラジリアンワックスをやる場合は通販やドラッグストアでキットを購入でき、値段は2000円~4000円と様々です。

効果は4週間ほど持続しますが、剥がす際の痛みや肌へのダメージがありますので、不安な方はブラジリアンワックスのサロンでやってもらうとよいでしょう。

 

脱毛する部位によって手段を変えること

自宅脱毛は様々な手段がありますが、男性のムダ毛処理は部位も色々なのでどこを処理するかによって脱毛方法を変えることが大切です。

 

アンダーヘア

剃刀はコストがかからず簡単に使えるツールですが、見えにくいOラインは鏡がないとやりづらいですよね。

間違ってケガをする可能性がありますので、シェーバーやハサミなどがよいでしょう。アンダーヘア専用の除毛クリームもあるので、大切なイベント前にはクリームで処理するのもオススメです。

 

ヒゲ 

ヒゲは男性にとって毎日処理するムダ毛部分。でもヒゲはデザインでおしゃれに見せる部分でもありますので、ツルツルにせずに形を残しておきたい人もいるでしょう。

しかし処理する頻度が多いため、コストが安い剃刀でも長い目で考えるとお金がかかります。綺麗な仕上がりを期待するなら3枚刃などの値段が高い剃刀でないと満足いかないこともあるでしょう。

電気シェーバーも数年ごとに買い替えが必要になりますので、髭剃りコストは男性にとって必要な出費ですね。

 

まとめ

お金がかからない自宅脱毛ですが、どれも永久的な効果があるわけではありません。コストが高くなりますが家庭用脱毛器を使う方法もありますし、クリニックの永久脱毛など仕上がりにこだわりがある方はぜひ検討してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です