髭が濃いことで感じるデメリットとは?

髭が濃い悩みを抱えている人はとても多いですが、髭に関するトラブルは見た目だけではなくて色々な面で影響を与えますよね。

髭が濃いとなにが悪い?と開き直りたくなる時もあるでしょう。でも鏡に映る自分の姿を見て、濃い髭にヤバい…と感じた時こともあるはず。

女性から見ると、男性の髭に関しては好みが色々とありますので、決して髭を生やすことが悪いわけではありません。

髭を薄くしたくて色々な方法にトライしている男性もいますが、そもそも髭が濃いとどんなデメリットがあるのでしょうか。なるほどと思うポイントについて、見ていきましょう。

 

カミソリ負けしやすい 

髭が濃いと薄い人よりも髭剃りの頻度が増えてしまいます。濃い人に共通するのは毛の1本ごとが太くて硬いこと。しっかり剃るために、肌に負担がかかりカミソリ負けしやすいデメリットがあります。

髭が濃い人は、朝剃っても夕方になるとすぐに生えてきて、夜にデートや出かける用事があるときは電気シェーバーで二度目の髭剃り…という場合もあるでしょう。このような肌にかかる負担は、乾燥する原因で老化が早まり常にカサカサで粉を吹いたように見えることもあるのです。

カミソリ負けは肌の見た目が悪いだけではなくて、ニキビのように見える場合も。結果として髭剃りがしづらくなるのが厄介な肌トラブル。髭が薄かったら…と残念な気持ちになる瞬間もありますよね。

 

青髭の見た目が悪い

カッコよくほどほどに生えている髭はワイルドに見える為、男性のオシャレにはぜひプラスしたいところ。

でも髭が濃いと女性からは逆にマイナスイメージになってしまいます。また髭剃りをした後の青髭も、大変女性にはウケが悪くて不潔に見えてしまうという意見も。

せっかく剃っても、あっという間に伸びてしまうので、濃い髭の人は青髭の状態の方が時間的に長い場合もあるでしょう。

最近は男性専用の脱毛サロンも人気がありますので、しっかり髭を処理したい場合は脱毛サロンで髭脱毛するのもひとつの方法。

青髭を自分で解消するためには、こまめに鏡をチェックして伸び始めたらまた髭剃りをするようにしましょう。

 

伸び始めのチクチク感が困る

濃い髭は伸び始めのチクチク感がとても不快です。誰かに頬ずりしたくてもガリっと肌を削られそうなほど痛いと、恋人や子どもでもつい距離を置きたくなってしまうでしょう。

太い髭は皮膚を押し上げるように生えてくるので、肌がごつごつになり見た目でもかなり損をしてしまいます。

肌の表面がスムーズではないとさらに髭剃りが根元からできないので、剃り残しがでてしまう悪循環の始まりに。

髭が濃い男性は皮脂の分泌量が多い場合もあり、肌がテカリさらに見た目を悪くする要因になることも。

しかも髭はふさふさなのに頭頂部分は薄く透けて見えるというバランスの悪い毛の生え方になることが多いですよね。モデルのようなオシャレな濃い髭になるのは、本来は男性としての理想でしょう。

 

だらしなく見えてしまう

髭が濃い人と濃すぎるのは若干の違いがありますよね。髭の量によってはただ伸ばしっぱなしにしていても良いタイプと、不潔に見えてしまうタイプがあります。

髭が濃すぎる状態はお手入れをしない人や毛の1本ごとが太い場合。髭のオシャレはとても微妙なラインがありますので、濃い髭でも素敵に見せることは可能です。

しかし薄い髭と比べると不潔に見えやすいリスクがありますので、人一倍気を使ってケアをしないといけません。

顎の周辺、首すじなど広範囲にわたり濃い髭を伸ばし放題にしていると、仕事や恋愛にもデメリットになりますしマイナスイメージばかりが強くなってしまうでしょう。

 

髭剃りにお金がかかる 

髭剃りは毎日の日課になっていますが、薄い髭なら一日置きの髭剃りでも大丈夫というラッキーな人もいますよね。

でも濃い髭だと使うカミソリやシェーバーの性能にも注意しないといけませんし、しっかり毛根から剃るためには蒸しタオルを使ったりジェルを使ったりするなど、やたらと手間やお金がかかります。

安い使い捨ての剃刀を買いたくても、仕上がりを考えるとどうしても3枚刃などの切れ味がよいカミソリを選ばざるを得ません。

さらに何度か使ううちに切れ味がすぐに悪くなり、新しく買い直しが必要になったりシェーバーのメンテを繰り返したりする羽目になってしまうでしょう。

一生にかかる髭剃り代金を考えると、脱毛サロンで処理をした方が得かな…と考える男性もいるのです。

 

まとめ

髭が濃いことでデメリットは色々ありますが、改善策も多種多様で自分に合った方法で髭を効率的にお手入れする方法があります。

うまく髭を活用すれば、自分の魅力としてアピールできますが、失敗するととても悪い印象ばかりが残ってしまいますよね。

そんな悩みを抱えた人は、髭をオシャレに見せる方法を考えるか、しっかり脱毛してしまうか、自分の目的に合わせて対策をすると良いでしょう。

鏡を見るたびに落胆する男性も少なくありません。どれほど自分にとってデメリットがあるのか、まずは落ち着いて考えてみる必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です